トップ > 製品情報 > 小型二足歩行ロボット > ピッコロボIoT(piccorobo IoT)
ピッコロボIoT(piccorobo IoT)

01Wi-Fi通信対応のArduino互換ボードを搭載したピッコロボの後継機

ピッコロボIoT(piccorobo IoT)は、好評をいただいた初心者学習向けArduino互換ボード搭載2足歩行ロボット「ピッコロボ」の後継機です。ピッコロボのArduino UNO互換ボードに変わる制御ボードとして、Wi-Fi通信やサーボモータ出力などのI/Oが強化された新ボード「VS-RC202」を搭載しています。

VS-RC202はArduino互換のESP-WROOM-02をCPUとし、さらにARMマイコンを搭載することにより、一枚でサーボモータ制御、センシング、ワイヤレス通信を安定して行うことができます。

サーボモータ4つのシンプルな構成はそのままに、Wi-Fi通信によるネットワークプログラムや、モータ・センサの容易な追加等、ロボットの拡張性能が飛躍的に向上しました。


02ピッコロボIoTの特長

Arduino IDEでプログラム可能

CPUボード「VS-RC202」はESP-WROOM-02をCPUに使用しており、ピッコロボと同じくArduino IDEでのプログラミングが可能となっています。また、豊富なライブラリやサンプルプログラムを用意しており、初学者でも無理なくロボットプログラミングを学習することができます。


→導入方法はVS-RC202の取扱説明書よりご確認いただけます

センサー追加が容易に

ElecFreaks社製センサーと超音波センサー(HC-SR04)も簡単に取り付け可能になっており、ロボット制御とセンシングをより簡単に学ぶことができます。

Wi-Fiでスマートフォンやクラウドと接続可能

Wi-Fi経由で、スマートフォンやクラウドサービスと通信可能です。サンプルのプログラムを使えば、スマートフォンのブラウザからピッコロボIoTを簡単に操作できます。

サーボモータ制御用ARMチップ搭載

CPUボード「VS-RC202」には複数のサーボモータやセンサーを制御するために、専用ソフトを書きこんだARMチップを搭載しています。このARMチップはサーボモータ、センサーの仮想的なドライバーチップとして動作します。

ユーザーはArduino IDEのプログラム内にARMチップの機能を呼び出す関数を書くだけで簡単にサーボの補間移動などの高度な機能を呼び出すことができます。

モーター制御、センシング、ネットワーク通信を1つのボードで実現

サーボモータ、センシング、ネットワーク通信機能を1枚のボードに搭載しているため、IoTデバイスやワイヤレス操作のロボット等様々な用途に拡張可能です。また、サイズも小型のため、オリジナルロボットへの組み換えなども容易です。

VS-RC202搭載機能
  • Arduino IDE対応
  • サーボモータの補間機能
  • LED制御
  • アナログセンサー読込(ADC)
  • 超音波センサー読込(HC-SR04)
  • Wi-Fi接続

VS-RC202を組み込んだ作例を公開

VS-RC202を搭載したロボットの作例も製品ページで公開予定です。ピッコロボIoTでロボット制御に慣れた後は、これらの作例をベースにオリジナルのロボットを作ることもでき、ロボット製作の初級から中級へのステップアップにご利用いただけます。