V-SERVO

01サポート情報

本ページは、高性能サーボモータ「V-SERVO」に関するサポート情報について掲載しております。製品をお使いの上でご不明な点、その他お困りな点などありましたら本ページをご参照ください。

02Q&A

各製品の寸法図・図面情報を知りたい
各製品の寸法図につきましては、取扱説明書に掲載しております。なお、各製品の形状データ(*.dxf等)につきましては、申し訳ありませんが公開しておりません。
V-SERVOをプログラムから制御したい
V-SERVOはシリアル通信により制御が可能であり、C言語などでシリアル通信を利用したプログラムを作成することで、プログラムからV-SERVOを制御できます。V-SERVOの簡単な制御プログラムのC言語用サンプルソースをこちらで公開しておりますので、ご参照ください。
ファームウェアをアップデートしたら動作しなくなりました
VS-SV410およびVS-SV1150の初期のファームウェアにはシステムロック機構がありませんでしたが、現在はSYS_ULK(0x14)が追加されており、起動時に最初に通信を開始する時、誤って予期せぬ動作をしないようにするためにRAMおよびFLASHの書き込みが禁止(ロック)されています。
ロックを解除するには、SYS_ULK(アドレス0x14)のRAMに0x55を書き込む必要があります。ただし、SYS_ULKのFLASHにあらかじめ0x55を書き込んでおくと、次回起動時からは書き込みできるようになり、初期のファームウェアと同じ動作とすることもできます。

03技術資料

V-SERVOに関連する製品の資料をご提供しています。各製品説明書には、寸法図、ピン配置、通信仕様に関する詳細が掲載されています。開発者の皆様はこちらで情報を入手し、開発にお役立て下さい。

04ダウンロード

ソフトウェアアップデータをはじめ、V-SERVO関連の各種ファイルをダウンロードできます。

(※ V-SERVOへのファームウェアの書き込みには、V-SERVOプログラマが必要です)