ショッピングカート: 0 アイテム
カートは空です
メニュー
二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0
  • 二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0
  • 二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0
  • 二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0
  • 二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0

二輪駆動台車ROS対応ロボット メガローバーVer2.0

モデル:4571398312595

メーカー: ヴイストン株式会社

378,000円(税込)
ポイント:3780pt

※数量は半角数字で入力してください。

■製品の概要


「メガローバーVer2.0」は、「メガローバーVer1.2」の後継機種となる二輪駆動の研究開発用台車ロボットです。
アルミフレームの高剛性なロボットとなっており、可搬重量は 40kg、最高速度は 1.45m/s を実現しています。
Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classic の無線通信規格と、USB シリアル通信に対応しており、PC やタブレット、Raspberry Pi といったデバイスや、ROS での制御を行うことができます。
制御ボードには、新開発のArduino互換ボード「VS-WRC021」を搭載しており、Arduino IDE を用いてプログラムすることで動作させることも可能です。


1)高い運動性能と大きな積載重量をもつ安価な二輪駆動ロボット

メガローバーVer2.0 の最高速度は 1.4m/s となっており、一般的な人の歩行速度に十分追従できます。
また、40kgの可搬重量を持つため、制御用のPCや計測用のセンサ類等を、余裕を持って搭載することが可能です。
大型の鉛バッテリーを搭載しているため、速度 300mm/sで最大 39時間(参考値)の連続走行が可能で、実験等をスムーズに行うことができます。


2)専用の無線ゲームパッドで簡単操作

製品に付属のゲームパッド型無線コントローラ「VS-C3」を使えば、PC 等を接続しなくても、メガローバーを無線操縦することができます。
手動操縦で動作させる際や、動作確認等にお使いいただけます。


3)無線/有線接続で制御

メガローバーVer2.0 は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classic の 3種の無線通信と、有線の USBシリアル通信に対応しています。
指定のコマンドを用いることで、PC やタブレットなど、様々なデバイスからメガローバーVer2.0 を制御することが可能です。
また、Raspberry Pi の GPIO ソケットと互換のコネクタが搭載されているため、ロボット本体にRaspberry Piを簡単に搭載することができ、制御にも使用することができます。


4)ROS メッセージ通信でコントロール

メガローバーVer2.0 は、ROS メッセージ通信に対応しています。ROS が動作するデバイスとWi-Fi または USBケーブルで接続することで、ROSを使った制御が可能となります。
ROSメッセージ通信を使うことで、速度や旋回量の指令値を、わずか数行のコードでメガローバーに送信することができます。
導入ドキュメントと以下のサンプルプログラムが付属するため、初心者の方でも、ROS 環境で制御システムを作成し、簡単に動かすことができます。
ROSを動作させるデバイスは別途ご用意いただく必要があります。
弊社で推奨するデバイスの動作環境は後述の通りです。


■ROS サンプルプログラム一覧
●ゲームパッドからの操作
●SLAM(gmapping)
●navigation
●マウス(タッチパッド)からの操作
●SLAM(cartographer)

※本製品に含まれないライブラリなどのセットアップが追加で必要になる場合があります。
※SLAM, navigation を行うためには LRFが必要です。LRF オプションのご利用が便利です。


5)Arduino IDE でプログラム可能

メガローバーVer2.0の制御ボードである「VS-WRC021」には、ESP-WROOM-32 マイコンが搭載されています。
そのため、Arduino IDE を用いてメガローバーの制御プログラムを作成することができます。
製品付属のライブラリには、モータ制御関数や通信関数が含まれていますので、少ない開発負担で制御プログラムを作成することが可能です。


■必要環境


◆ROS を使用する場合
弊社では、下表に示す環境で動作確認を行っております。
本製品を ROS で使用する場合には、ROS Kinetic が動作する環境が必要です。
ただし、仮想環境はタイムラグにより安全な制御が行えない可能性があるため推奨しておりません。
また、条件を満たす場合でも、デバイスと環境との相性等により正常に動作しない場合がありますのでご了承ください。

 OS  Ubuntu 16.04 (64bit) 
 ROS  ROS Kinetic 
 CPU  Core i5 7200U(Kaby Lake) 
 メモリ  DDR4 PC4-17000 4GB 
 ストレージ  SSD 128GB 
 グラフィック  Intel HD Graphics 620 

◆VS-WRC021 を Arduino IDE を用いてプログラミングする場合
Arduino IDE 1.8.5 以上が動作する環境が必要です。


■メガローバーVer2.0 と Ver1.2 の比較


Ver2.0Ver1.2
価格標準(ROS対応含む):350,000円標準:300,000円
ROS対応版(LRF含む):450,000円
本体サイズ396(L)×353(W)×166(H)mm396(L)×355(W)×165(H)mm
本体フレーム素材アルミニウムアルミニウム
最高速度1400mm/s625mm/s
可搬重量40kg40Kg
CPUと動作周波数Tensilica Xtensa LX6 microprocessor
240MHz
ARM Cortex-M3
72MHz
フラッシュ4MB32KB
SRAM520KB8KB
USB⇔シリアル
I2C
SPI
Wi-Fi×
Bluetooth Classic×
BLE×
Raspberry Pi搭載可能×
Arduino互換×
BeautoBuilder2対応×
VS-C3
ROS対応標準で対応ROS対応SDKにより対応
バンパーオプションオプション
LRFオプションオプション


■ハードウェア構成



■外観寸法図



■ご購入時のオプション一式


ご注文時にご依頼いただく事で、様々なオプションを取り付けた状態で発送いたします。
取り付けにはお時間をいただきますので、事前にお問い合わせください。

◆メガローバーVer2.0 用 バンパーオプション / 1 式 :80,000 円(税抜)
壁等との衝突を検知できるバンパーセンサです。注文時オプションとなります。

◆メガローバーVer2.0 用 LRF オプション / 1 式:100,000 円(税抜)
機体周囲の障害物等を検知する LRF を取り付けます。注文時オプションとなります。


※画像はLRFオプション、バンパーオプションを取り付けたものになります。

◆メガローバーVer2.0 用 Raspberry Pi 3B オプション / 1 式:18,000円(税抜)
Raspberry Pi 3B を取り付けます。VS-WRC021 との接続用 USB ケーブルが付属します。
SDカードおよび OS イメージは付属しません。注文時オプションとなります。


■関連商品


◆メガローバー Ver2.0用LRF取り付けフレーム
URG-04LX-UG01 スキャナ式レンジセンサ取付用のフレーム一式です。

◆URG-04LX-UG01 スキャナ式レンジセンサ
SLAMなどを行なう際にご利用いただけるLRFです。
導入当初からご検討される際は、上記のLRFをご検討ください。


この商品は2018年08月24日(Fri)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。