トップ > 製品情報 > 研究用ロボット > 社会的対話ロボット「CommU(コミュー)」
社会的対話ロボット「CommU(コミュー)」・普及型社会的対話ロボット「Sota(ソータ)」

01人と関わるロボットの普及を目的に開発されたロボットプラットフォーム

ロボットプラットフォーム CommU・Sotaは、日本の家庭環境に合わせたテーブルトップサイズのコミュニケ―ションロボットです。

カメラ・マイク・スピーカを搭載することで基本的なコミュニケーションを行うことはもちろん、ネットワークを利用した遠隔操作や外部機器との連携が可能です。その他、会話による癒し効果やストレス解消などのメンタルケア分野でのサービスにも利用できます。



02研究者向けロボット「CommU(コミュー)」

CommUは、複数のロボット同士の対話や他の人との対話を、話し相手の人に見せることで、話し相手により強い対話感をもたらす新しい形態の社会的対話ロボットです。ロボット同士が対話しながら、時折参加者(人間)に対して対話に関する質問をしたり、同意を求めることで、対話に参加している感覚を強く与えることができます。

LinuxOS を搭載したインテル(R) Edisonを内蔵しているため、画像認識、音声認識、音声合成等を用いたアプリを容易に開発できます。また、CommU 専用ミドルウェアを搭載しているため、Wi-Fi 経由でWindows ソフトウェア「VstoneMagic」からモーション作成・動作プログラミングが可能です。


顔の自由度が高く、多彩な表現が可能

本体の特徴としては、目線の移動、口の開閉などの動作を可能にするため、頭部に8軸の自由度があります。これにより人間に似た微妙な振る舞い・感情を表現させることができ、強い対話感を感じさせることが可能になります。


03活用に向けて

今後は、ソフトウェアおよびコンテンツ開発環境を整備するとともに、人間の生活環境における情報提供・生活支援・コミュニケーション支援・学習支援といった対話ロボットによるアプリケーションの実証を進め、社会への普及を進めていきます。


本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。

■戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)

  • 研究プロジェクト:「石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト」
  • 研究総括:石黒 浩(大阪大学 大学院基礎工学研究科 教授)
  • 研究期間:平成26年7月〜平成32年3月

上記研究課題では、特定の状況と目的において自律的に対話できる機能,複数の情報伝達手段を用いて社会的状況で複数の人間と対話できる機能等,実社会において人間と親和的に関わり,人間と共生するための自律型ロボットの実現を目指しています。


03報道実績

  1. 2015.1.20 相づち打つ「対話ロボット」公開(NHKニュース)
  2. 2015.1.20 ロボットと暮らす時代へ(テレビ東京 ワールドビジネスサテライト)
  3. 2015.1.20 大阪大、対話ロボット開発 人に近い相づちや眼の動き(西日本新聞)
  4. 2015.1.20 阪大とヴイストン、2種類の卓上社会的対話ロボットを開発(マイナビニュース)
  5. 2015.1.20 阪大石黒教授ら、対話感のある卓上サイズ会話ロボット「CommU」と「Sota」を開発(PCwatch)
  6. 2015.1.20 あけみちゃんより人気者に?大阪大が対話ロボット開発(産経WEST)
  7. 2015.1.20 JST、アンドロイドとロボットだけの記者会見−対話型ロボ2種お披露目(日刊工業新聞)
  8. 2015.1.20 「そうだね」「うんうん」対話ロボット(時事通信社)