トップ > 製品情報 > 研究開発用ロボット > 研究開発用台車ロボット > 研究開発用台車ロボットVer.2.0シリーズ
研究開発用台車ロボット

NEWS研究開発用台車ロボット「メガローバーVer2.0」のレンタルサービスを開始

メガローバーVer2.0

メガローバーVer2.0に代表される弊社製大型台車ロボットは、Arduino互換基板を搭載したことによる取り扱いの容易性や、アルミ天板の加工を行うことによるカスタマイズ性、 ROSデバイスとして動作することによる汎用性の高さ、十分な可搬重量といった特徴を備えており、研究・開発目的での活用のほか、実用化を視野に入れた実現場への仮実装といった用途でも、広く運用されています。
これらの製品は、クラスを考えると十分に安価に設定されていますが、様々な場面で活用されるがゆえ、本体代金を費用化したいといった要望や、短期間で評価を行いたいといったリクエストが多く寄せられていました。本サービスはこういった声にお応えするもので、高性能な研究開発用台車ロボットを、さらに多くの現場で導入いただけます。

種別 機体仕様 レンタル期間 ※ 参考レンタル費用(税別) ※ ユーザーでの機体改造
短期レンタル メガローバーVer2.0
通常機体
10日間 5,000円/日 不可
長期レンタルA メガローバーVer2.0
通常機体
6ヶ月〜 初回6ヶ月:40,000円/月
契約延長時:20,000円/月
長期レンタルB メガローバーVer2.0
バンパーセンサー、LRF装備機体
6ヶ月〜 初回6ヶ月:60,000円/月
契約延長時:25,000円/月

※長期レンタルにおけるレンタル期間については、ご要望に応じて調整可能です。
また、レンタル費用はレンタル期間により変動します。詳しくはお問い合わせください。

01安価で容易に取り扱い可能な研究開発用台車ロボット

安価な二輪駆動台車ロボット「メガローバーVer2.0」

350,000円(税抜)と安価な2輪駆動台車ロボットです。アルミフレームにより軽量で高剛性なロボットとなり、可搬重量約40 kg、最高速度1.4m/sを実現しています。大型の鉛バッテリーを搭載しているため、バッテリー駆動時間は30時間以上※と長く、実験等をスムーズに行うことができます。自律移動ROSロボットや搬送台車の研究開発用ベースロボットとして、多様な用途でお使いいただけます。

※無積載、0.3m/sでの定速走行による参考値です。

  • 寸法:L396o×W353o×H166o
  • 積載重量:40kg
  • 駆動方式:2輪駆動(車輪径152o)、後部キャスター1個
  • モータ:DCモータ 40W(エンコーダでの回転検出可能)
  • 最高速度:1.4m/s
  • オプション:バンパー/レーザーレンジファインダー/Raspberry Pi 3B

価格:350,000円(税別)


無線コントローラで簡単操作

メガローバーVer2.0は、他の研究用台車ロボットと同様に、付属する専用無線コントローラ「VS-C3」を使用して簡単に走行させることができます。手動操縦で動作させる際や、動作確認等にお使いいただけます。

無線/有線接続で制御

メガローバーVer2.0は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classicの3種の無線通信と、有線のUSBシリアル通信に対応しています。指定のコマンドを用いることで、PCやタブレットなど、様々なデバイスからメガローバーVer2.0を制御することが可能です。

ROSメッセージ通信で制御

メガローバーVer2.0は、Wi-FiまたはUSBシリアル通信を用いてROS環境に接続することができます。ROSのメッセージ通信に対応しているので、わずか数行のコードでロボット本体に指令値を送信することができます。ROSのライブラリを活かした制御システムの構築が可能です。

また、市販のゲームパッドを使って操作するサンプルや、SLAMを行うサンプル※などが付属しています。セットアップ後すぐにメガローバーを操作したり、制御プログラム作成時の参考資料としてもお使い頂けます。

※SLAMサンプルの実施にはロボット本体へのレーザーレンジファインダの搭載が必要です。レーザーレンジファインダ取付けオプションのご利用が便利です。

Arduino IDEでプログラム可能

ESP32-WROOM-32を搭載した制御ボードの「VS-WRC021」はArduino互換となっており、Arduino IDEを用いて制御プログラムを作成することが可能です。製品付属のライブラリにはモータ制御関数や通信関数が含まれていますので、少ない開発負担で制御プログラムを作成することができます。

機能を拡張するオプション

メガローバーVer2.0には以下のオプションを取付けることが可能です。


【実用事例】

名城大学理工学部 田崎研究室
研究テーマ:安価なセンサによる自動運転向け地図生成

田崎研究室では、車載可能な安価なセンサで地図生成を行う研究を行っています。
自動運転車は地図を利用しないとスムーズな動きはできませんが、地図の生成コストはとても高いという問題があります。 安価なセンサでの地図生成機能の簡易テストとして、研究成果を自動運転用ソフトウェアAutowareに組込み、 Autowareからメガローバーを制御しました。

名城大学理工学部電気電子工学科
システム・情報通信研究室
田崎研究室


メカナムホイール搭載の研究開発用台車ロボット「メカナムローバーVer2.0」

4輪のメカナムホイールを搭載した全方位移動台車ロボットです。前進・後退・旋回及び平行移動が可能な高い機動性。サスペンションと横滑りの少ない構造の採用により、安定した走行が可能です。可搬重量約40 kg、最高速度1.3m/sを実現しています。大型の鉛バッテリーを搭載しているため、バッテリー駆動時間は21時間以上※と長く、実験等をスムーズに行うことができます。自律移動ROSロボットや搬送台車の研究開発用ベースロボットとして、多様な用途でお使いいただけます。

※無積載、0.3m/sでの定速走行による参考値です。

無線コントローラで簡単操作

付属する専用無線コントローラ「VS-C3」を使用して前後左右斜め方向への平行移動や旋回など、簡単に走行させることができます。手動操縦で動作させる際や、動作確認等にお使いいただけます。

無線/有線接続で制御

メカナムローバーVer2.0は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classicの3種の無線通信と、有線のUSBシリアル通信に対応しています。指定のコマンドを用いることで、PCやタブレットなど、様々なデバイスからメカナムローバーVer2.0を制御することが可能です。

ROSメッセージ通信で制御

メカナムローバーVer2.0は、Wi-FiまたはUSBシリアル通信を用いてROS環境に接続することができます。ROSのメッセージ通信に対応しているので、わずか数行のコードでロボット本体に指令値を送信することができます。ROSのライブラリを活かした制御システムの構築が可能です。

また、市販のゲームパッドを使って操作するサンプルや、SLAMを行うサンプル※などが付属しています。セットアップ後すぐにメカナムローバーVer2.0を操作したり、制御プログラム作成時の参考資料としてもお使い頂けます。

※SLAMサンプルの実施にはロボット本体へのレーザーレンジファインダの搭載が必要です。レーザーレンジファインダ取付けオプションのご利用が便利です。

Arduino IDEでプログラム可能

ESP32-WROOM-32を搭載した制御ボードの「VS-WRC021」はArduino互換となっており、Arduino IDEを用いて制御プログラムを作成することが可能です。製品付属のライブラリにはモータ制御関数や通信関数が含まれていますので、複雑な制御を要するメカナムホイール台車でも、少ない開発負担で制御プログラムを作成することができます。

機能を拡張するオプション

メカナムローバーVer2.0には以下のオプションを取付けることが可能です。


4輪独立ステアリング駆動式全方位移動台車ロボット「4WDSローバーVer2.0」

4輪独立ステアリング駆動の全方位移動が可能な台車ロボットです。すべりなどの位置ずれが少ないステアリングによる全方向の方向転換・移動が可能です。サスペンションにより常に4つの駆動輪が接地するため、高い直進性を実現しています。ノーマルな車輪により、移動音は静かな点も特徴です。可搬重量約40kg、最高速度1.6m/sを実現しています。大型の鉛バッテリーを搭載しているため、バッテリー駆動時間は25時間以上※と長く、実験等をスムーズに行うことができます。自律移動ROSロボットや搬送台車の研究開発用ベースロボットとして、多様な用途でお使いいただけます。

※無積載、0.3m/sでの定速走行による参考値です。

無線コントローラで簡単操作

付属する専用無線コントローラ「VS-C3」を使用して前後左右斜め方向への平行移動や旋回など、簡単に走行させることができます。手動操縦で動作させる際や、動作確認等にお使いいただけます。

無線/有線接続で制御

4WDSローバーVer2.0は、Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classicの3種の無線通信と、有線のUSBシリアル通信に対応しています。指定のコマンドを用いることで、PCやタブレットなど、様々なデバイスから4WDSローバーVer2.0を制御することが可能です。

ROSメッセージ通信で制御

4WDSローバーVer2.0は、Wi-FiまたはUSBシリアル通信を用いてROS環境に接続することができます。ROSのメッセージ通信に対応しているので、わずか数行のコードでロボット本体に指令値を送信することができます。ROSのライブラリを活かした制御システムの構築が可能です。

また、市販のゲームパッドを使って操作するサンプルや、SLAMを行うサンプル※などが付属しています。セットアップ後すぐに4WDSローバーVer2.0を操作したり、制御プログラム作成時の参考資料としてもお使い頂けます。

※SLAMサンプルの実施にはロボット本体へのレーザーレンジファインダの搭載が必要です。レーザーレンジファインダ取付けオプションのご利用が便利です。

Arduino IDEでプログラム可能

ESP32-WROOM-32を搭載した制御ボードの「VS-WRC021」はArduino互換となっており、Arduino IDEを用いて制御プログラムを作成することが可能です。製品付属のライブラリにはモータ制御関数や通信関数が含まれていますので、複雑な制御を要する4WDSホイール台車でも、少ない開発負担で制御プログラムを作成することができます。

機能を拡張するオプション

4WDSローバーVer2.0には以下のオプションを取付けることが可能です。

02製品仕様

 
製品名
(型番)
メカナムローバーVer2.0メガローバーVer2.04WDSローバーVer2.0
価格(税抜)500,000円350,000円1,400,000円
全長398mm396mm383mm
全幅349mm353mm376mm
全高166mm166mm188mm
積載重量40kg
本体材質アルミニウム
バッテリー12Vシール鉛 312Wh
駆動方式4輪駆動
メカナムホイール
サスペンション
2輪駆動
後部キャスター1個
4輪駆動
4輪独立ステアリング
サスペンション
タイヤ直径152mm122mm
モータDCモータ 40W×4 DCモータ 40W×2DCブラシレスモータ×4
回転検出エンコーダホール素子
エンコーダ(※ 要 エンコーダオプション)
最高速度(実測値)1.3m/s1.4m/s1.5m/s
制御基板VS-WRC021
SDKVS-WRC021用
Arduinoライブラリ
ROSパッケージ
収録サンプル Arduinoライブラリ
・車輪制御
・エンコーダ読み取り
・各種通信機能等
ROS用サンプルコード
・ゲームパッドからの操作
・マウス(タッチパッド)からの操作
・SLAM(gmapping)
・SLAM(cartographer)
・navigation
※本製品に含まれないライブラリなどのセットアップが追加で必要になる場合があります。
インターフェースUSBシリアル,Wi-Fi,Bluetooth Classic,BLE
付属品充電器、無線操縦セット
注文時オプションバンパーセンサ(前後,全周)
レーザレンジファインダー
Raspberry Pi 3B
バンパーセンサ
レーザレンジファインダー
Raspberry Pi 3B
バンパーセンサ(前後,全周)
レーザレンジファインダー
ホイールモータ用エンコーダ
Raspberry Pi 3B
ご購入はこちら メガローバーVer2.0
メカナムローバーVer2.0
4WDSローバーVer2.0
※製品の仕様は予告無く変更する場合がございます。

03ハードウェア構成

メガローバーVer2.0


メカナムローバーVer2.0


4WDSローバーVer2.0


※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください

04ダウンロード

Ubuntuは、Canonical Ltd.の商標または登録商標です。
Arduinoは、Arduino AGの登録商標です。
Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
BluetoothRは、Bluetooth SIG, Inc. USAの商標または登録商標です。
その他、記載されている製品名などの固有名詞は、一般に各社の商標または登録商標です。