Beauto Racer

01サポート情報

本ページでは、BeautoRacerのサポート情報について掲載します。製品をお使いの上でご不明な点、その他お困りな点などありましたら本ページをご参照ください。

02モータ・ホイール

モータ・ホイールが回りません
1. 電池の残量が少ない場合があります。新しい電池と交換してください。
2. モータホルダへのモータの挿入がおかしいために、モータの軸とホイールが強く接しており、ホイールが回らなくなっている場合があります。一度モータホルダからモータを取り外し、モータをしっかり挿入してください(図参照)。
3. モータホルダが正しく取り付けられていない場合があります。モータホルダのつめが、基板にかかるように取り付けてください(図参照)。
4. モータの端子がはみ出している場合があります。基板からモータホルダを取り外し、再度基板に付け直してください(図参照)。
5. モータの端子の接触が悪い場合があります。モータホルダを取り外し、モータの端子を起こして、付け直してください。また、基板の裏側よりモータを少しずらすことで、接触が改善される場合があります。
6. BeautoBuilderR のモータのスピード設定の値が低すぎる場合があります。設定値は、40%以上(50%-60%付近 推奨)に設定してください。
タイヤのoリングが劣化して使えなくなりました
タイヤは弊社からは補修パーツ販売等を行っておりませんが、互換品をwebショップ等でお求めいただくことは可能です。本製品のタイヤには「1種A S-9(1.5(線径)×8.5(内径))」という種類のoリングを使用しております。

03接続

Beauto RacerをPCのUSBポートに接続しても、Beauto Builder Rで未接続のまま、接続中の表記になりません
1. Beauto Builder Rを最新のバージョンに変更し、Beauto Racerのファームウェアを変更してください。
「Beauto Builder R」のダウンロード
2. USB接続を監視する常駐ソフトの影響で、接続ができない場合があります。下記の手順を参照し、常駐ソフトを終了してください。
<Windows XP の場合>
  1. 【スタート】-【ファイル名を指定して実行】をクリックします。
  2. 名前の欄に「msconfig」と入力し、【OK】をクリックします。
  3. 【全般】-【スタートアップオプションを選択】を選択します。
  4. 【スタートアップの項目を読み込む】のチェックを外し、【OK】をクリックします。
  5. パソコンを再起動します。
以上で操作は完了です。
※上記作業を行った場合、一時的に常駐ソフトが起動しなくなります。元に戻すには上記手順の3.の操作の際、【全般】-【通常スタートアップ】を選択し、【OK】をクリックしてください。Windowsを再起動すると、元の状態に戻ります。

<Windows Vista以降 の場合>
  1. 【スタート】ボタンをクリックします。
  2. 【検索の開始】に【msconfig】と入力して【Enter】キーを押します。
  3. 【システム構成】のウィンドウが表示されます。
  4. 【スタートアップ】タブをクリックします。
  5. 停止させたいソフトの【チェックボックス】をクリックして、チェックマークを外して【OK】ボタンをクリックします。
  6. 【再起動】ボタンをクリックし、パソコンを再起動します。
※終了したソフトウェアは、Windowsを再起動すると起動します。ソフトウェアの機能を停止、または無効にした場合は、ソフトウェアによって再起動後も機能を停止したままのものがあります。その場合は、必要に応じて機能を元に戻してください。
※NEC「ワンタッチスタートボタン」、ELMO「IMAGE Mate Accent」などが有効の場合、接続がうまくいかないということがありました。また、タスクトレイに常駐しているボイスレコーダーのユーティリティを終了すると改善されたという報告もありました。
USBケーブルで接続すると、通信が不安定になります
USBケーブルの種類や使用頻度によっては、ロボットとの接続部が緩くて通信が不安定になる場合があります。ケーブルの接続部の金具を指で若干内側に折り曲げると、緩み・接触不良が改善する場合があります。詳細な手順は下記資料をご参照ください。
USBケーブルの接触改善方法(PDF)

04ライントレースのついて

ライントレースを行なうことが出来ません
1: 赤外線センサが、白地と黒いラインを計測できているか値を確認してください。この時、パソコンとロボットをUSBで接続したまま行ってください。閾値の設定は、BeautoBuilder2のセンサエリア(画面の左下)を見ながら行ってください。
※プリンタの種類によっては、印刷したラインがうまく検出できない場合があります。プリンターを変えるか、黒のマジックペンやビニールテープを使用してください。センサ値を読み取り、白地と黒いライン上で数値が変われば、うまく読み取りができています。
2: 太陽光や白熱灯など赤外線を含む光が当たっている場合、赤外線センサがうまく白・黒を識別することが出来ません。室内で蛍光灯のもとライントレースを行うようにしてください。
3: 「時間を決める」の設定で動かしてると、ラインを通り過ぎてしまう可能性があります。「続ける」の設定で動かしてみてください。ロボットを走らせるためのブロックを「まえにすすむ」などの動かすブロックをクリックすると、画面の左に「続ける」の部分のラジオボタンが表示されます。

詳しくは、こちらのファイルをダウンロードしてください。
スピードを速くしたいです
「設定」→「モータの設定」→「スピードちょうせい」より「はやさ」の数値をあげてください。ただし、スピードを上げすぎると、カーブや直角で曲がり切れなくなりますので、スピードを上げるときは、必ず少しずつ数値を上げて、その度にコースを走行させ確認してください。また、電池の残量によってもスピードが変わります。

詳しくは、こちらのファイルをダウンロードしてください。
ロボットがうまく動作しません
1: バッテリーの残量が減ってしまうとモータの動きやセンサの値が変わってしまうことがあります。
2: ギヤボックス内の六角ナットのイモネジが緩んでいると正しく動作しません。ギヤに少しグリスを付けるとスムーズに走行することができます。
3: 赤外線センサの素子がずれていたり、左右でずれていると正しくセンサの値を読み込むことができません。確認してください。

詳しくは、こちらのファイルをダウンロードしてください。

05その他

モータホルダが折れてしまいました
お手数ですが、予備のモータホルダを別途お買い求めください。
BeautoRacer用 モーターカバー 160円(税抜) ご購入はこちら
電池を逆に差し込んだら動かなくなってしまいました
本体基板の破損については有償での修理対応となります。
お手数ですがまずはinfodesk@vstone.co.jpまでお問い合わせください。
LED・赤外線センサ・電源スイッチが取れてしまいました
本体基板の破損については有償での修理対応となります。
お手数ですがまずはinfodesk@vstone.co.jpまでお問い合わせください。
Beauto Racerはバックさせることは出来ないのですか?
ロボットの元々の設計上、バックをさせることは出来ません。
上級者コースをクリアするプログラムを教えてください
こちらの解答プログラムをダウンロードしてください。
「解答プログラム」のダウンロード
シミュレータが動きません
1. お使いのPCのDirectXのバージョンが合わない可能性があります。最新版のDirectXをインストールしてください。
「最新版DirectX」のインストール
2. お使いのPCで、ディスプレイのデバイスドライバが正しくインストールされておらず、それが原因で異常が発生している可能性があります。特にWindows7において、インストールやアップデートの際に、過去のディスプレイドライバが勝手に変更される(「標準VGAドライバ」などになる)場合がある模様です。お使いのPCのデバイスマネージャなどからこの点をご確認いただき、ディスプレイのデバイスドライバをインストールしなおすなどしてください。
別売りの赤外線センサや、その他拡張センサの取り付けはどうすれば良いですか?
こちらの「Beauto Racer アナログ入力デバイス追加説明書」をご参照ください。
Beauto Racer アナログ入力デバイス追加説明書(PDF:501KB)
学校のパソコンでソフトウェアがうまく起動しません
BeautoBuilderRのフォルダをデスクトップに置いた場合、PCの設定やセキュリティによりソフトウェアが起動出来ない場合があります。フォルダを置く場所をCドライブ内やその他の場所に変更し、再度ソフトウェアを実行してください。