Bluetoothオーディオ・シリアル通信モジュール「VS-BT003」

01オーディオ機能とUART機能を同一モジュールに搭載!

VS-BT003はUARTによる操作と音声入出力を同時に行うことができるBluetoothモジュールであり、従来のBluetoothモジュールとは異なる使用方法が可能です。

例えば、ロボットにVS-BT003とコンデンサマイクとスピーカを搭載して、PCやAndroid端末と連携させれば、音声入力に応じて、話したり、動いたりするコミュニケーションロボットとして使用可能です。また、ロボットだけでなくマイコンと連携させることで、電子工作の幅が格段に広がります。


02外部オーディオアンプもBluetooth化可能!

VS-BT003は2chのスピーカ出力ポートを有し、外部のオーディオアンプを接続して使うことも可能です。通常のオーディオアンプの音声入力とVS-BT003のスピーカ出力を接続するだけで簡単にワイヤレス化できます。

また、コンデンサマイク入力ポートも2ch搭載されており、スマートフォンやPCへのワイヤレス外部入力として使うことができます。

モノラルアンプ1chを標準搭載しており、1chであればスピーカを直接接続して使用することができます。


03Android端末用アプリケーションを用意!

ロボットにVS-BT003を接続し、Android端末に「VS-C2 for Android」をインストールすれば、ロボットをタッチパネル形式で無線操縦することができます。(「VS-C2 for Android」のダウンロードページはこちら)。

Androidはオープンなプラットフォームのため、オリジナルのロボット制御アプリケーションも作成可能です。サンプルを用いてカメラ、スピーカ、マイク、3G回線やWiFiネットワーク、加速度センサなどを利用したロボットを制御するアプリケーションを作成できるなど、スマートフォンとの連携によりロボットの可能性は格段に広がります。


03Bluetooth通信設定を簡単に変更可能!

専用接続モジュールであるVS-BTプログラマ2(別売)を使うことにより、PCからBluetooth通信設定を簡単に書き換えることができます。

シリアル通信のボーレート、スピーカレベル、デバイス名、PINコード、その他各種設定を変更可能です。

VS-BTプログラマ2を用いて各種設定を行う専用ソフトをダウンロードページで配布しています。

※設定変更する場合は付属のピンヘッダをハンダ付けする必要があります。


04製品仕様

VS-BT003

外形(WxDxH)35×38×12(mm) VS-BT003
重量約8g
電源電圧3.3V
対応機種Robovie-SX、Robovie-X、Robovie-nano、ロボダンボー、VS-RC003HV搭載ロボット、ビュートローバー(ARM/H8)、その他UART対応デバイス
CPUFreaduino UNO(Arduino UNO互換ボード)
Bluetooth仕様Bluetooth(R) 3.0 Class 2
BluetoothプロファイルA2DP, ARCP, HFP/HSP, SPP
インターフェースUART, Speaker 2ch, Microphone 2ch
内容物VS-BT003b、ピンヘッダ 1×40、ジャンパーピン、10芯フラットケーブル、マニュアル
その他設定変更をする場合はハンダ付けをする必要があります。
iPhoneとはSPP通信できません。
販売価格(税抜)9,241円

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください


VS-BTプログラマ2

外形(WxDxH)VS-IX003d:25×40×8.5(mm)
VS-CN106:13×15×12(mm)
VS-BTプログラマ2
重量VS-IX003d:約4g
VS-CN106:約2g
電源電圧5V(USBバスパワー)
対応機種USB-miniB
インターフェースUART, Speaker 2ch, Microphone 2ch
内容物VS-IX003d、 VS-CN106、マニュアル
その他設定変更をする場合はハンダ付けをする必要があります。
iPhoneとはSPP通信できません。
販売価格(税抜)4,519円

※製品の仕様は予告無く変更する場合がございますのでご了承ください


05ダウンロード

Android携帯用ロボット操縦ソフト「VS-C2 for Android」

本ソフトウェアは、Android Marketよりダウンロードできます。以下のリンクよりダウンロードページへお入りください。

Android携帯用ロボット操縦ソフト「VS-C2 for Android」

VS-BT003 説明書・関連資料

VS-BT003の説明書及び関連資料です。


VS-BTプログラマ2 設定ソフト

本ソフトウェアは、VS-BTプログラマ2によって接続したVS-BT003の通信設定を行うためのものです。


Microsoft .NET Framework

VS-BTプログラマ2 設定ソフトを使用する際に、Microsoft .NET Framework 4.0以降が必要となります。


CP210x USB-UART ブリッジ・バーチャルCOM ポート(VCP)ドライバ

VS-BTプログラマ2の基板をPCに接続する際に必要となります。


RN-52 User Guides

VS-BT003に搭載のBluetoothモジュールRN-52の技術資料です。


06ご購入・オプション

VS-BT003
VS-BT003
Bluetoothオーディオ・シリアル通信モジュール「VS-BT003」の本体一式です。
9,241円(税抜)
ご購入はこちら
VS-BTプログラマ2
VS-BTプログラマ2
VS-BT003の設定(ボーレート・識別名・pinコード等の変更)を行うために必要なモジュールです。
4,519円(税抜)
ご購入はこちら