VS-RC003HV

01HV対応ロボット用CPUボード「VS-RC003HV」

VS-RC003HVロボット用小型CPUボード「VS-RC003」の後継機種です。

30chサーボモータ制御、音声出力、USB接続、IXBUSなどの仕様を引き継ぎ、更に入力電圧が5~10Vから5~16Vに拡張されました。

また、PCからの制御ソフトウェアに従来の機能を大きく進化させた「RobovieMaker2」が新しく付属しています。

02概要説明

  • 対応電源電圧が10Vから16Vに拡張され、市販のHV仕様のサーボモータを接続できるようになりました
  • サーボモータは30ch制御可能です
  • USB接続によりシリアル変換ケーブル不要、また通信速度も高速です
  • 音声出力機能を搭載しており、ロボットの動きに同期して音声再生が可能です(対応データはwaveサウンド形式です)
  • 基板のサイズは従来のVS-RC003と同じ48x52mmです
  • 最大2WのD級アンプ内蔵なので、スピーカを接続するだけで音が出ます(外部アンプも接続可能です)
  • コントローラとして、三和電子機器(株)のProBo、もしくは市販のゲーム機用パッドを接続できます
  • ゲームパッド変換コネクタを標準で付属しております
  • 拡張ポートとしてIXBUSポートを搭載しており、以下のような拡張基板が接続可能です
    <<拡張基板ラインナップ詳細>>
     ジャイロ/加速度センサ基板
     16ch LED基板
     16ch デジタル入出力基板
     8chアナログ入力基板

03RobovieMaker2概要

VS-RC003HVに付属のソフトウェア「RobovieMaker2」は、従来のVS-RC003に付属していた「RobovieMaker for VS-RC003」を大幅に拡張したソフトウェアです。

下記のような特長が備わっています。

  • フローチャート式でモーションを組み立てられ、動作の組立てが容易
  • モーション中に「条件分岐」や「変数演算」の機能が追加され、よりプログラマブルなモーション作成が可能
  • サーボモータの個別脱力機能が追加され、モーション中などで任意にサーボモータの脱力が可能
  • 操作マップの入力形式が拡張され、コントロール操作時に多種類のセンサ入力と多様な条件分岐が可能になり、自律的な動作の実現が容易
  • サーボモータ出力式が拡張され、一つのサーボモータに「ジャイロセンサとコントローラのアナログスティック」など複数のデバイスのフィードバックを容易に設定可能

このように、一度にたくさんのセンサ入力に対応でき、例えばライントレースや障害物回避歩行のような自律動作や、アナログスティックによる8方向移動などのマスタスレーブ的な動作も容易に実現できます。

04「VS-RC003/HV」仕様

寸法 52mm×48(44)mm×13mm
重量 21g
CPU LPC2148FBD64
動作クロック 60MHz
メモリ容量 ROM 512KB / RAM 64KB
サーボモータ出力 30ch
音声出力 2W
対応電圧 5V~16V
PCとのインターフェース USB (HID)
対応コントローラ ゲーム用パッド、ProBo
拡張ポート IXBUS×1
付属ソフトウェア RobovieMaker2
(必要PC環境 CPU:Pentium3以降(1GHz以上推奨)、RAM:128MB、OS:Windows2000/XP/Vista/7/8/8.1/10、画面サイズ:XGA、インターフェース:USB)
価格 VS-RC003HV 通常版 ¥18,000(税抜) ご購入はこちら
VS-RC003HV バルク品 ¥15,000(税抜) ご購入はこちら