VS-RC202

01Wi-Fi通信・サーボモータ制御機能などを備えたArduino互換ボード

VS-RC202はIoTデバイスやワイヤレス通信のロボットの自作を容易にするロボット制御ボードです。Wi-Fi通信・サーボモータ制御・センサ読込機能をコンパクトにまとめ、単三ニッケル水素充電池4本で駆動できるため、自作のデバイスやロボットに組み込んで使うことができます。

さらに、VS-RC202の学習用のプラットフォームとしてピッコロボIoTも同時に販売開始いたします。豊富なサンプルコードと優しいチュートリアルを用意していますので、IoTやロボット制御の入門教材としても適しています。


VS-RC202搭載機能

  • Arduino IDE対応
  • サーボモータの補間機能
  • LED制御
  • アナログセンサー読込(ADC)
  • 超音波センサー読込(HC-SR04)
  • Wi-Fi接続

02VS-RC202の特長

モーター制御・センシング・ネットワーク通信を1つのボードで

VS-RC202はサーボモータ、センシング、ネットワーク通信機能を1枚のボードに搭載しているため、IoTデバイスやワイヤレス操作のロボット等、様々な用途に使用可能です。

サイズも小型のため、オリジナルロボットに搭載しやすく、今までハードルの高かったIoTデバイスやロボットの自作を容易にします。

Wi-Fiでスマートフォンやクラウドと接続可能

VS-RC202は、Wi-Fi経由でスマートフォンやクラウドサービスと通信可能です。サンプルのプログラムを参考に、スマートフォンのブラウザから操作するプログラムも簡単に作成できます。

サーボモータ制御用ARMチップ搭載

VS-RC202はサーボモータやセンサを制御するためにARMチップを搭載しています。このARMチップはサーボモータ、センサの仮想的なドライバーチップとして動作します。

ユーザはArduino IDEのプログラム内で、ARMチップの機能を呼び出す関数を使うだけでサーボの補間移動などの高度な機能を使用できます。

Arduino IDEでプログラム可能

VS-RC202はESP-WROOM-02をCPUとすることにより、Arduino IDEでのプログラミングが可能となっています。また、VS-RC202を操作するライブラリと豊富なサンプルプログラムを用意しており、初学者でも無理なくロボットプログラミングを学習することができます。

VS-RC202を組み込んだ作例を公開

VS-RC202を搭載したロボットの作例も製品ページで公開予定です。これらの作例をベースにオリジナルのロボットを作ることもでき、ロボット製作の初級から中級へのステップアップにご利用いただけます。